ヒロままの小さな部屋通信。

ブログトップ

本:砂上

桜木 柴乃著「砂上」


e0347618_17192836.jpg


直木賞受賞作「ホテル ローヤル」を読んだ時
暗いなぁ~って思ったのです。
でも 何故か惹かれて 又 読みました。
やっぱり 暗いなぁ~~~(笑)

柊 令央はビストロ勤務で得られる 数万円と
元夫から振り込まれる 慰謝料とを合わせて
細々と暮らしています。

母 ミオは20歳で令央を産みました。
48㎏だった体重は産み月には88㎏になり
令央を産んだ後もそのままの体重を維持。

令央は15歳の時に妊娠した。
ミオは自分の子供として育てるから
「産んじゃいなよ」と言った。
生まれた女の子は美利。
美利は礼央の妹として育つのです。

一人の編集者と出会い それを題材とした
フィクションとして小説を書きます。


暗いなぁ~~と思いながら読み続けました。

でも きっと 又 この著者の本を読みたくなるんだろうと
思っています(笑)



[PR]
by hiromama2015 | 2017-12-13 17:22 | | Comments(4)
Commented by s-jw at 2017-12-13 22:09
桜木紫乃さんの本は読んだことがないです。
小説に関しては食わず嫌いで、好きな作家の本ばかり読んでいます。
会社に行っていた頃は、同僚の女の子と貸し借りをしていたので、いろんな作家の本を読んだのだけど。
この前書いておられた東野圭吾さんは、ブロ友さんの感想を読んでから読むようになったのです。もう10年以上前の事ですが。
今日は、1捨てがないですね。
Commented by miqu_7cd at 2017-12-14 06:07
「星々たち」読みましたか?
たまたま旅先のコンビニにあったので、思わず買った
けれど~読んでいて嫌になり中途半端なこと想い出し
ました。
また、読んでみよう~。

たまたま読んだ本が受賞したのと釧路出身というので気にかけていますが、
扱うテーマは好きになれません。
Commented by hiromama2015 at 2017-12-14 13:23
☆シズコさん
暗いですよ~~。
好き!!ではないけれど たまに読んでみようかな?って
思って読むと 先、先って読みたくなります。
そして読み終わって ああ 暗いよね~~って
又 思うのです(笑)

一捨 再開 しなきゃ!
Commented by hiromama2015 at 2017-12-14 13:25
☆mizukiさん
記憶にないですねぇ~。
読んでないかな?

あんまり よく分からないのです。
この方の本。でも 違う世界を見るようで
たまに読んでみたくなる??
やっぱ 明るい本が癒されますね。