映画「蚤取り侍」

5月31日

小雨。

笑いたいと思い映画を観ました。

阿部寛さんの「蚤とり侍」


e0347618_21300010.jpg


昔 本当にそんな職業があったのか??
興味津々です。

最初の方はエロ映画かと思うほど
色っぽいシーンが満載でした(笑)

お侍さんは主君のために命をかけることが
出来るのだと これ 又 理解出来ないお話です(爆)

何も考えないで見ることが出来ました。

[PR]
Commented by komiti15 at 2018-06-02 15:31
>お侍さんは主君のために命をかけることが出来るのだと
そんな思いにさせられる主君に巡り合わせたお侍さんは本望だろうな!と
チョッピリ羨ましいです

若い頃”親友”って言葉に憧れていました
気持ちの疎通は、そうそう巡り逢うものじゃないですね、
Commented by s-jw at 2018-06-02 21:30
面白そうな映画ですね。
真面目に見える阿部寛が演じるから面白いのだと、テレビで言っていました。
共演者のトヨエツさんのファンです。
朝ドラの変わり者の漫画家役もピッタリですね。
大阪出身とは知っていたけど、八尾市だったとは。
ネイティブな河内弁に笑ってしまいました。
Commented by hiromama2015 at 2018-06-02 22:19
☆komitiさん
西郷どんも赤穂浪士も侍は主君のために
命を投げ出せる人種だと思っていました。

親友ってどういうのでしょうね?
若い時は純粋だったなぁ~~って
思うだけです(笑)
Commented by hiromama2015 at 2018-06-02 22:22
☆シズ子さん
寺島しのぶに「下手くそ!」って
言われた阿部寛がトヨエツと女性が絡むのを
勉強のために覗きに行くのです。
そのシーンが結構長いのです。
今 考えたら笑えば良かったかな(笑)
皆さん 芸達者でした。
by hiromama2015 | 2018-06-01 21:31 | ひとりぶらり | Comments(4)